庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

せっかくの休みだが、なんだかテンション上がらず。午前中、庭でおせんべいを食べていたら、黄色い蛾が飛んできた。バラの葉の裏に止まると、すすっと姿をくらました。ちょうど葉の裏で姿が見えなくなる死角に。忍者のようだ。手前のバラの葉を少し向こうに押しのけて、横からの姿を拝見すると、チャドクガ様だった。飛んだ姿はもう少し大きく感じたが、そんなものなのか。

南隣のアゲハの幼虫をチェック。4齢幼虫がついに脱皮して終齢幼虫になっていた。ん?ナガサキアゲハじゃない?調べたら、クロアゲハだった。

自転車であちこちでかけようと思っていたのだが、遅い昼食のためにE-520だけを持って歩いてお出かけにした。道を渡ろうとしたら、次々に車が来て足止め。んだよぉと思いながら、ふと近くのエノキを見上げたら、裏の葉に映るこのシルエットは?表側からのぞきこんだら、やはり。どっちだろう。ゴマダラチョウかアカボシゴマダラの幼虫。他にいないか探したら、うわっ、すぐ手前に、丸々肥った終齢幼虫発見。これは紛れもなくアカボシゴマダラだった。思わず、一歩後退したかもしれない。車が来るのに。撮影しながら、他にも探したら、蛹の抜け殻が一つ見つかった。

南隣の家のミカンの木、毎日チェックしている。同じ木の違う葉の集まりのところに別の幼虫発見。まだ終齢ではない。ナガサキアゲハの4齢幼虫かな?

本社で会議のあと、ちょっとだけH公園に寄ったら、ヒキガエルの糞があった。

たった今帰ってきたところ。うちのすぐ近くの道路の真ん中にツマグロヒョウモンが翅を閉じていた。翅がピンと折りたたまれて、アスファルトと垂直になっているから、死んではいないだろうと思って、ツンツンしたら、かすかに反応があった。すると、翅を開いた。メスだ。手乗りに挑戦したら、若干苦戦したが、まあ乗った。すぐ落ちる。見ると翅は少し痛んでいるようだ。気温が低くて動けない以上に、もう産卵も終えて死を待つだけなのかもしれない。もう一度手のりして、家まで持ってこようとしたが、やはり途中で落ちたのであきらめた。

時計もしないでいたのだが、レシートの時間から逆算すると、大体1時50分ごろだった。塀の上を歩いているネコに違和感を感じながらもずうっと見ていると、尻尾が長い。こんな尻尾の長いネコ、この辺で見たことないと思っていたら、こっちを見た。目があった。顔には白いセンターライン。間違いない、ハクビシンだ!

まさか、うちの近くにいるなんて。前に見たタヌキは、実はハクビシンだったのかと疑ってみる。いや、それはない。しかし、今年の春にうちの庭に来て、リンゴを食ったやつはタヌキではなく、ハクビシンかもしれない。

今日も天気予報どおり、雨が降ったりやんだり。仕事帰りのつい先ほど(といっても30分くらい前か)、向こうから大型の昆虫が飛んできた。時期的にもセミ?と思った。アブラゼミ?翅は茶色っぽかった。しかし、セミならば、もっと羽音がする。無音で目の前に近づいてきて、右手のいろいろな植物が植えてある大きな庭のある家の敷地に消えていった。最初よりもよく見えた翅は、うすい茶色でずいぶん横長に見えた。向かって右に横切っていったとき、胴体よりも翅のほうが長い印象を受けた。多分スズメガだろう。

今、リアルタイムで家の中に聞こえてきた。今年初である。ついに夏も後半になったか。ちなみに、すぐに鳴きやみ、今はアブラゼミの鳴き声だけが聞こえている。

そのちょっと前だが、夕立は来ないのだろうかと屋上で西の空を確認していたら、はす向かいの家のミカンの木にアゲハが産卵に来ていた。それ自体は珍しくないのだが、他にもそのミカンには何かが来ていて、もう1頭のアゲハ?と最初は思ったのだが、木のゆれが激しく、鳥のようだった。緑色に見えたのでメジロかもしれないが、スズメかシジュウカラが産卵しているすぐそばで、アゲハの幼虫を食べているのかとも思い、すぐに家の外に出て確認に行ったが、もう鳥はいなくなっていた。

梅雨に戻ったようなままで8月突入。このままでは一番暑かったのは子供たちが夏休みに入る前ということになってしまいそう。

今朝、家のすぐ近く(レンタカーの前)のアスファルトの上にカブトムシのメスが少しつぶれて死んでいるのを見かけた。わざわざ写真は撮らなかったけど。死んでからひかれたものか。野生のカブトムシなのか飼育下のものが脱走したものなのかはまったく不明。おっと、地震だ。

3泊4日でクミゴン出張の初日。仕事は早退。で、ちょうど家のすぐ近くで塾に行く途中の電車男とすれ違う。いわく「月がきれいだよ」「ちょうどそれを家に帰ったら撮ろうと思っていた」

買ったばかりのズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macroでいろいろ設定を変えて撮ってみる。期せずして、地球照が写った。さすが、明るいレンズ。

夕飯は女優と二人で外食。予想通りなか卯になった。途中、神社を通ってホタルを見に行こうというから、そうした。ホタルは天然のものではなくて、あくまで飼育下のもの。毎年、神社の一角に飼育している人の好意で見られるように大きな水槽ごと設置されている。水槽は4つあった。写真とビデオを撮ったが、どれもいまいちであった。

画像はすべて混沌のアルバム2011年7月5日に。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。