庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アオドウガネ朝一の仕事にやはりデジカメは持っていくべきだった。30万画素ではつらい。画素数だけでなく、レンズの問題もあるだろうが。世界的に有名な神社の敷地になるか。最初アオカナブンかと思ったが、葉のところにいるし、たいそうな違和感。それに、この前どこかのブログでアオカナブンは非常に美しいというようなのを読んだが、そこまでではない。通行人の目を気にしながら、とりあえず1枚だけ撮っておいた。
ころっと落ちたアオドウガネこちらは、仕事が終わった後。しかし、この後すぐに普段の職場に戻らねばならず、時間と好奇心(それに周りの目との)の戦い。3匹いたところ、撮りやすいように葉をめくったら、ぽとりと全部下に落ちた。いわゆる死んだ振りか。あまりの「やる気のなさ」に拍子抜け。なんだか生きようという意欲を感じない。まあ、それで先祖代々生き延びてきたのなら、文句のつけようがないのだが。とりあえず手にとって記念撮影。これで大きさもある程度記録が残る。

家で調べたら、これはどうもアオドウガネだ。蛇足ながら、その後4時間も昼寝し、それからまた職場で仕事した。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。