庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
最近、天気予報が良く当たるので、信じたら裏切られた(笑)。新聞では朝曇りで午後から雨。テレビでも似たような予報だった。実際には、朝は雨で、7日ぶりの休みなのにがっかり。しかし9時半ごろだったか、鳥の鳴き声が聞こえ始めた。それが明るくなってきて雨が小降りになった証拠。電車男に声をかけ、もうすぐ図書館に行くぞ。いつまた雨が降り出すかわからない。完全にやんでから、さあっと行ってさあっと帰ってきたが、どんどん空は明るくなっていく。帰り際に気づいたが、図書館の庭では、ミンミンゼミだけが鳴いていた。家を出るときは27.5度で非常に涼しかったが、この温度が関係しているのか。それとも明るさも関係しているのか。

家に帰ってからは天気予報を信じて、パソコンをちょっといじって、読書、そして昼寝に。

昼寝からいったん目覚めると、なにぃ、晴れている。短期決戦だ。B公園へ、単独Go♪アブラゼミ、ミンミンゼミが減り、ツクツクボウシが増えた。枯れ木に集うスズメバチを見つつ、はじめてみるイトトンボを撮影。収穫はこれだけ。1時間もしないうちに曇ってきた。これはヤバイ。すぐに引き返したが、結局、その後、雨は一滴も降らなかった。体調も悪く、ずうっと寝ていた。温度が上がっても29.5度までで、ついに昼間は私の知るかぎり30度を超えなかった。

その前に食べた昼飯だが、私がランチで700円、電車男はイクラばかり食べて1500円。あのなあ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析