庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「今年の梅雨は遅刻早退型だ」と職場で聞いたのは、なかなか梅雨入りしなかった6月のこと。うまいことを言うとこれを妻がテレビで聞いたというその男といっしょに感心していた。しかし、どうだろう、ついに子供たちは夏休みに突入だ。早退どころか定刻どおりか、延長戦ではないか?今朝は、これは暑くなるなあと思っていたが、帰るころには小雨も降り、涼しい。前にも書いたとおり、天気はカオスなので、予報についてとやかく言う気はまったくない。ただ、私は中・長期の予報はまったく信じていない。2、3日先の天気予報もだ。ぴたりと常に当たる天気予報もそれはそれで無味乾燥な気もする。

お昼ごはんの帰り、コクワガタのオスの死体を見た。アリが数匹ついていた。以前、コゲラを見た近く。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。