庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今朝、8時台に、庭にオオスカシバが来ていた。一瞬、なんだこのでかいの!と思ったが、すぐにオオスカシバだとわかった。ハチに擬態しているので、目撃したときは、たいてい一瞬ひるむ。まさにそうして長い年月を代々やり過ごしてきたのであろう。オオスカシバに限らず、我々一人ひとりが、過去からの命のリレーを受け継いでいるのであり、そのことに思いを馳せると、壮大な気分になる。自分の命は、自分だけのものではなく、過去からの総遺産であると考えると、日常もまた違ったものになるであろう。我々は現在進行形の遺産の管理人というバトンを受け渡されていると考えることもできる。

一昨日には、久しぶりに時間を気にせずB公園を堪能したが、圧巻は巨大な飛行物体だった。ぼんやりハスの方を見ながら歩いていたら、それは私の視線を横切っていった。「うわ、なにあれ!?」思わず口に出た。鳥ではない。スズメよりは小さい。羽は透明かオレンジっぽく見えた。胴体はぶっとい。ただし、その直前まで見ていたギンヤンマよりは長くない。印象は、虫ならば、巨大。「スズメガ?」とも思ったが、そんな昼間に直線的に飛ぶとは思えない。オオスカシバならば、ずっと小さく見えるはずである。5メートル以上は離れていたから。その物体が飛んでいったほうに軽い恐怖心と強い好奇心を抱きながら、ダメもとで行ってみた。少しキョロキョロしたと思うが、やがて私の目はその飛行物体を捉えた。こっちのほうに向かってくる。デカイ!ただし、正面から見ているので、さっきよりは小さく見える。それでもでかい!「スズメバチだ!」もしやとは思ったが、まさかのオオスズメバチだった。去年の秋、女優のお寺で巨大なオオスズメバチを目撃したが、それをも上回る巨大さだ。多少蛇行しながらこっちに向かってくる。カメラに手をかけていたが、無理。うわ、くるな!こういうときは動かずじっとしていなければいけないと理性では判断できても、体がついていかない。手を振って招いてしまった。恐怖心と好奇心の葛藤は、空飛ぶ重戦車の接近によって形勢が逆転する。私の右を通ったのか左を通ったのかは覚えていない。振り向くとアジサイの一部葉が茂っていない根元のほうに入っていった。巣でもあるのだろうかとちらりと思ったが、すぐに覗き込む気にはとてもなれなかった。

大きさはいったいどれくらいあったのだろう。飛んでいるということと興奮状態ということで、大きめに見えてしまうというのは自分でも客観的にわかる。手元の資料で調べると、オオスズメバチの女王バチは、一番大きく出ているので45mm。図鑑に定規を当てたら、実物大だった。もっと大きく感じたが、こんなものか。今、その図鑑を2m離して眺めているが、やはりでかい。こんなものだったかもしれない。もっとも、もっともっと大きくて60mmくらいだと思ったが。近くでハスを撮るのかカワセミを撮るのか、三脚をセットしているおじさんもいたが、気づいたのは私だけ。気づけよ!そして、いっしょに恐怖と興奮を味わえよ!!あんな巨大なスズメバチ、めったに見られないぞ。女王が単独で巣を作る初夏、単独で越冬する場所を探す晩秋、そこでしか見られないものだぞ!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
>手元の資料で調べると、オオスズメバチの女王バチは、一番大きく出ているので45mm。図鑑に定規を当てたら、実物大だった。もっと大きく感じたが、こんなものか。今、その図鑑を2m離して眺めているが、やはりでかい。こんなものだったかもしれない。

この行為、おもしろいですね(笑)。

>もっとも、もっともっと大きくて60mmくらいだと思ったが。

人間は、目で見てるのか脳で見てるのかどうなんでしょうね。漠然と全体を見てるようでいて,その視野内に興味が引かれるものがあると、なぜかそこだけに意識がいきますね。
2007/06/30(土) 23:58:28 | URL | DOBE #U6M1AWu2[ 編集]
見た目
>この行為、おもしろいですね(笑)。

私も自分でやっていて、こんなことするの、さすが私って思ってました(笑)。離して見ると、むしろ大きさが浮き彫りになります。これは意外でした。さらに実物は厚みがあって、動きがありますからねえ。そして、毒針も持っている。

もともとは、45mm程度じゃないよ、もっとでかかったよということを主張するために図鑑を離して見たのですが、仮説とは逆の結果になりました。

>人間は、目で見てるのか脳で見てるのかどうなんでしょうね。漠然と全体を見てるようでいて,その視野内に興味が引かれるものがあると、なぜかそこだけに意識がいきますね。

見るという行為は、物理的な単なる光の反射ではないということですね。話せば長くなりますよ、この話題(笑)。
2007/07/01(日) 00:18:56 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。