庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
草むらの中のアオサギ10日。午前から午後にかけての雨にがっくり。GW以来、夏休みまで唯一の日曜日休み。この日しかいくときがなかった。がっくりして昼寝して、目が開いたときには雨はやんで曇っていた。また寝たような気がする。しかし、次に目が開いたときは、青空も出ていた。まだ眠かったが、自らをたたき起こし、チャンスは今しかないと自分を奮い立たせ、自転車で行ったよ、E公園に。いたよ、お目当てのアオサギ。
草むらの中のアオサギ 首を伸ばすしかし、なんと見づらいところにいることか。
向こうの木の上のアオサギしばらくして、もう一羽向こうの木に止まったのが見えた。他にも見ている人が何人もいたが、気づいたのは私だけのようだった。しかも、角度からして、見えるのは私の位置からだけだった。
木から飛び降りたアオサギ草むらのほうにいるアオサギの事を指して、「もう何時間も2時間も3時間もああしている」とおじさんが言っているのを聞いたので、いったん他のところを見に行って、また戻ってきたら、しばらくして、木の上にいたアオサギが急に飛んだよ。また来てよかった。
左から右へ行くアオサギ左から右のほうに飛んでいき、ギャラリー、沸き立つ。大砲を持ったおじさんもパシャパシャと。
逃げるアオサギすると、今度はまったく動く気配もなかった草むらのアオサギが、サービスとばかりにすぐ近くに飛んできた。これならきれいに撮れる!ピントが合って、シャッターを押したと思ったら、最初に飛んだアオサギが邪魔しに来た。びっくりして逃げる瞬間の写真になってしまった。恐竜のような表情になっている。
飛翔するアオサギこれは追っているのか追われているのか忘れてしまった。
2羽のアオサギ追うものと追われるもの。この後は、1羽は再び向こうの木へ。もう1羽ははじめよりも手前よりの草むらの中へ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
同じ日,雨上がりに公園を歩いていたら,アオサギがバサバサと飛んでいてびっくりしました。
カメラを持っていなかったのでほほーっと眺めるだけでしたが。
やはり大きい鳥ですね。
2007/06/13(水) 23:52:56 | URL | WAKA #RVp6i8PI[ 編集]
アオサギ
よく行くB公園では、そんなにいないみたいなんですよねえ、アオサギ。ゴイサギはほぼ毎回見ますが。そのE公園でもゴイサギもいましたが、いつもずっと間近に見ているので1枚も撮りませんでした。

そうそう、そのうち記事にするかもしれませんが、ここの池でヘビも泳いでいました。たぶん、シマヘビ。
2007/06/14(木) 01:41:16 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析