庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヤマトクサカゲロウ10日のB公園の帰り。そのすぐ近くの団地の花壇のすぐ近くの草がやや乱雑に生えているところで。植物はゴマノハグサ科だと思う。これがマツバウンランか?花を撮ろうとしたら、こいつがいた。花にはタンポポか何かの綿毛も引っかかっている。
ヤマトクサカゲロウ2クサカゲロウの仲間の幼虫というのはすぐわかったが、とりあえず撮っておいて、家で調べる。いったん幼虫図鑑に投稿して聞いたものの、自分でも調べたらヤマトクサカゲロウの幼虫とわかった。幼虫図鑑のほうでもneuさんにそれでOKと教えていただいた。それにしてもかわいい花の色に溶け込んで、美しい幼虫だった。しかし、そこにはエサになるようなアブラムシはまるでおらず、今後が少し心配な個体であった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。