庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
はじめ、「フウロソウ科の植物」というタイトルでしたが、はもようさんにヒメフウロと教わりました。以下の文章は、はじめに書いたときのままです。

フウロソウ科の植物25月3日、B公園に自転車で行く途中。帰りにはいつもここを通るが、行くときは最近は緑のじゅうたんのほうに寄ってから行くので、ちょっとここは気づきにくい。なぜならば、駐車場の一角であり、写真のようにブロック塀の影に隠れてしまうから。帰りだとこの画面の左から右に進むので、ほとんどここは見えない。
フウロソウ科の植物自転車ですうっと通り過ぎたのだが、ん?やっぱりもう少し見たいということで、引き返した。ちょうどこの塀の外側の道路を掃除しているおじさんがいたが、無視して駐車場の敷地に入り、撮影開始。おじさんは塀越しにいぶかしげにこちらを見ていた。さらに撮影している私の後ろのほうに移動してきたが、気にしない、気にしない、少ししか。
フウロソウ科の花の後花をアップ。はじめ、アメリカフウロだと思ったが、それにしては花が大きい。それが心のどこかに引っかかるから、わざわざ撮ったんだな、きっと。
フウロソウ科の花の後花びらが散った後。これから種ができて、きっとはじくタイプのものができるに違いない。

この花の名前がわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ヒメフウロですね。
こんにちは、混沌さん。
この花、実家で咲いてました。ヒメフウロです。

同じ名前の別種があるとか、街中の花壇では大増殖するけれど、もともとの自生地では数を減らしているとか、
周辺情報も興味深いものがありますが、
とりあえずは比較的よく見かける、花壇の花です。


http://plaza.rakuten.co.jp/gardenc/diary/200605120000/
2007/05/08(火) 12:10:21 | URL | はもよう #hv3mJpi2[ 編集]
ヒメフウロですか
はもようさん、ありがとうございます。
ヒメフウロですね。
これにあわせて本文も少し書き換えようと思います。
2007/05/08(火) 23:53:14 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析