庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
今日は気温が上昇気味で、春に向かってきたという感じだった。空もどんより春模様。ちょっと歩くと鼻がむずがゆく、スギ花粉健在。昼間、外は暖かく、鉄筋コンクリートの職場はひんやり。いかにも春。夜帰ってきたときには、ハクモクレンの花弁(でよかったかな?)がかなり開いていた。過去の記事を調べてびっくり。ちょうど1年前にここのハクモクレンのことを書いていた。これと比べてみても、いかに今年の開花が早いかがわかる。

サクラのようなコブシこの写真はこの前の日曜日、18日のもの。お義父さんのお墓参りに行ったときのもの。墓地のトイレの近くにサクラのようにほんのりピンク色のきれいな花を咲かせている木が見えた。
ピンクのコブシの花近づいてみてびっくり。葉っぱが1枚下からぴよっと飛び出ているこの花は、コブシではないの?ピンクのコブシ。こういう品種なのかな。近くで見るより遠めで見たほうが美しかった。すごい寒い日だったが、おかげで空の青さとの対比もばっちり。ソメイヨシノが咲くときも、こういう空ならばなあ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析