庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スズメは警戒心が強く、庭にちょくちょく来るものの、観察は意外と難しい。
昨日の昼、チュンチュンチュン、チュンチュンチュンと複数やってきたと思って、家の中からレースのカーテンをそうっと少しだけ開けて盗み見た。3羽。
地面の上にある何かを突っついたり、カタバミをついばんでいる。カタバミは葉を食べているようにも見えるが、まさか。少なくとも、緑の物をくちばしにくわえているのは向こうに見えた。カタバミの種子を含んだ果実やカタバミの葉を食うヤマトシジミの幼虫が目当てかもしれないが、緑の物がはっきり見えたときのそれは、葉としか思えなかった。
庭の上においてある鉢植えのミリオンベルの花の辺りを下からつつくしぐさも見られた。数日前、その近くではカメムシの幼虫を目撃している。
ふと1羽が、前の家の塀の上に飛んだと思ったら、茶色っぽいガの幼虫とおぼしき獲物をゲットしていた。ちょっと大きすぎたからか、塀の上においたと思ったら(だからガの幼虫とわかったのだが)、間髪入れずもう1羽飛んできて、その獲物を横取りしたか、しようとして失敗して、2羽とも、そしてそのあとから来ていたものすべて(5、6羽)飛んで行ってしまった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。