庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
カモがいっぱい午前の仕事が終わり、ちょっと寄り道。冷たい風が強く、晴れているのに寒い。楽しみにしていた1日なのに、がっくり。強風でカメラも揺れる。カモがいっぱい。オナガガモか?
ハシビロガモがいっぱい10倍ズームして撮っても、デジカメの画面では何の鳥かわからなかった。こうしてパソコンの画面で見ると、ハシビロガモであった。一度認識できるようになると、次々と目にするものだ。さて、すべて、ハシビロガモのオスとメスなのだろうか(派手なほうがオス)。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ここにいたのか。
混沌さん、こんにちは。
先週、公園の池を見にいったら、
もう、あのハシビロガモのメスが見あたりませんでした。
2羽いたのに…。まだオスを見てないのに…。しゅん。
…と思ったら、あらら、こんなところに居たのか。←違います
たくさん集まってますね。ここから北の方へ帰るのかな?

公園のオナガガモ達も落ち着きが無く、羽をバタバタさせていました。
そろそろ、冬鳥の季節も終わりですかね。

そうそう、↓のモズの写真、よく撮れてますね。
可愛い♪
猛禽類なのに、可愛いなぁ。(^^*)
2007/02/26(月) 14:40:07 | URL | はもよう #hv3mJpi2[ 編集]
そうなんです!
はもようさん、そうなんです、ここにいたんです。

それにしても、こんなにいっぱいいるとはねぇ。

モズは、はやにえなら何度か見たことありますが、本体をこんなに近くで見たのは初めてです。
2007/02/27(火) 02:15:04 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析