庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
シジュウカラ春になると姿を見る以上に、ツピーツピーツピーという甲高い鳴き声をよく聞く。ウグイスを撮ったのと同じ2月16日。これは図書館に行く前の緑のじゅうたんで。背中がきれいだ。
シジュウカラ2こっちは図書館の帰りのK林で。いつも林を自転車で突っ切るが、鳥がいないと思っても、しばらく林の中で待っているとやがて飛んでくることに、いつしか気づいた。そのことを思い出し、自転車を止めてしばらく待っていたら、案の定、2羽来た。手前の枝にピントが合ってしまったり、思ったところに止まってくれなかったりで、けっこう撮るのに苦労する。

この後、B公園にカモたちの写真を撮りに行くのだが、そろそろ帰ろうかというころに、すぐ目の前の低木に鳥が突っ込んできて、え?と思うことが何度かあった。そのうち、それらはシジュウカラであることに気づいた。そして、本当にもう帰ろうとしたときに、ウグイスに遭遇したのだった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。