庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
P4170039s.jpgどこからか種が飛んできて、自生したセイヨウタンポポ。茎の根元にはもうひとつつぼみが見える。画面上側の葉は、少しハモグリバエに食われているのか?

右上の花はトキワハゼ。庭のあちこちでちょぼちょぼ咲き始めた。霜が降りるころまで盛んに世代交代を繰り返し、咲き続けるだろう。

そのすぐ下はカトレアクローバー。去年の5月ごろに105円で花つきの苗を買って植えたもの。冬を何とか越し、また葉が出てきた。

そのすぐ左下、タンポポのロゼットの間から顔を出しているハート型の葉は、クローバーと似て非なるカタバミ。我が家の庭はいまやカタバミ天国である。まだ葉が小さいものが多いが、これからどんどん生長するだろう。

左はゼニゴケ。こちらも大繁殖している。日当たりの悪いところはコケが、良いところはカタバミが幅を利かせている。

左上はドクダミか。ドクダミもさりげなく増殖中。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析