庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
チャドクガの卵塊5日のこと。チャドクガの卵塊の下にある卵本体を見たくて、持ち帰るべく再び現地におもむく。また別の卵塊を見つける。朝に見に来たときは、葉の裏にメスが止まっていたので、そのメスが産んだのかもしれない。あるいは単に見落としていただけか。
激突チャドクガすぐ近くの電柱。誰か自転車か何かで激突したか。
すぐ上にもチャドクガ激突チャドクガの上にもう1頭。
お持ち帰りチャドクガの卵2つお持ち帰りでうちの駐車スペースで撮影。ちなみにはさみとビニール袋を持っていき、はさみで葉をチョッキンしてビニールにはらはらっと入れて持ち帰った。
チャドクガの卵爪楊枝2つを使って、毒毛をどけると中から黄色い卵が出てきた。
チャドクガの卵2もう一方のほうの卵。なにやら土台があって、そこの上に卵を産み付けているようだった。
チャドクガの卵3さらにその土台を葉からひっぺがして、ひっくり返してみたもの。
家の壁にもチャドクガの卵塊一通り観察を終えて、フウセンカズラのところで2日に見つけて以来のオオカマキリを探していると、なんと、うちの家の壁(バルコニーの底にあたるところ)に、怪しげな黄色いものを発見。これって、チャドクガの卵塊では?
チャドクガうちの壁で合体翌日の6日の出勤時、なんとうちの家の壁でチャドクガが合体しているのを発見。
チャドクガ合体鍵を閉めて出たのに、わざわざ家に戻りデジカメを取り、撮る。しかし、ほかでやってくれぃ。この痕、特にうちの壁に卵を産み付けるとか場違いなことはしていないようだった。うちにはツバキ科の植物はないもんね(西日砂利のところに勝手に生えてきたあの木はもしかしてそうか?というのが実はあるのだが)。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おおっ!これ!!
これ、うちの方の建物の壁に付いてましたよ。
近くにこんな色の蛾も落ちてました。
チャドクガだったんだ…。
触んなくてよかった。

それにしても、分解しちゃうとは…。
研究熱心デスね。(^^;)
2006/11/11(土) 22:06:55 | URL | はもよう #hv3mJpi2[ 編集]
あちこちに
チャドクガはあちこちでみますねぇ。
この前職場の入り口にも張り付いていました。

夜に蛾が飛んでいると、チャドクガかも知れず、来るな!来るな!という感じです。
2006/11/11(土) 22:25:10 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析