庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
赤トンボまだそのネタは記事にしていないのだが、親父と「この柵の表面は自然にはがれたんじゃなくて、アシナガバチが巣を作るためにはがしていったんだよ」という話をしていたら、その柵のてっぺんに赤とんぼがいた。けっこう気づかないものだ。
ノシメトンボ2赤トンボは、ミヤマアカネをのぞいて、見分け方がけっこう難しい。少なくとも今の私には。しかし、これはノシメトンボで間違いなさそう。
ノシメトンボ3同じような翅の模様では、コノシメトンボとリスアカネがあるが、ノシメトンボのほうが個体数は多く普通種のようだ。コノシメトンボとは胸の模様で区別できる。
ノシメトンボの複眼のどアップが、猫の目スチルにあります。これはすごい!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ノシメトンボでも「コ」のつくやつとそうでないのがあるんですね…。赤トンボの~~アカネってのも色々いますよね。 いや~、これはやはり図鑑がなければ私にはとても区別できません(^^; 
2006/10/01(日) 20:05:46 | URL | みけ #pY.z5wAw[ 編集]
ノシメトンボ
ノシメトンボ、私もこれを機に知ったばかりです。よくわかってないんですよ。はっはっは。
2006/10/01(日) 22:13:27 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
翅の先端が黒褐色のトンボはノシメトンボばかりと思っていました。
しかし,コノシメトンボ・リスアカネ・マユタテアカネの♀も黒褐色になるトンボでした。
でも,胸部脇の中央黒条が上縁まで達していれば,ノシメトンボだと分かりました。
2014/02/03(月) 20:30:55 | URL | itotonbosan #zskq6GdQ[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析