庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
タチツボスミレ?デジカメが戻ってきたので予定通り撮影。南隣の(実は敷地は接していないが)タチツボスミレ(?)。春先は確かちょろちょろと葉が出ているだけだと思った。そもそも、春には花を咲かせていなかったはず。しかし、まさかここにこれだけツマグロヒョウモンの幼虫がいるとは。気づいているのは、おそらくうちの家族だけ。
迷子のツマグロヒョウモン明らかにまださなぎになるには早すぎる大きさ。迷子に。このあと塀を登ったりもしていた。
ツマグロヒョウモンの幼虫こちらはすぐその近くで目立たず生活。
ツマグロヒョウモンの幼虫2こちらはモリモリ食ってます。しかし、このままいくと、ちょっともったいない食べ方。
ツマグロヒョウモンの幼虫3こちらは毒々しい色で見事に育っている。まもなくさなぎか。そういえばこの色、スターウォーズのエピソード1に出てくる悪役のダース・モールに似ているな。
明暗の分かれたツマグロヒョウモンの幼虫こちらは3匹写っている。1匹はアシナガバチに襲われた後の死体。1匹は元気よく食事中。1匹は死んでいるのかと思ったが、かすかに動いたので左手でつかんでみたら、しがみついてきた。指には吸盤の感覚が残った。とりあえず葉の茂みの中に落としておいた。さなぎになってもおかしくない大きさだが、移動中にどこか痛んだか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。