庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
P5210041s.jpgチチコグサモドキともども、見ているだけで悲しくなってくる草だ。花がまさに咲いているとき、もう咲き終わったのかと錯覚してしまう。
それでも、まだウラジロチチコグサのほうがましか。
P5210044s.jpg初冬のロゼットは、うちの庭ではとても目立っていた。葉の裏側が文字通り白いのですぐわかる。

どちらの個体も新芽は青々としている。しかし、葉が縮れていて、どこか貧乏臭い。悲しい。悲しすぎる。

写真をあまり撮る気がしないのだが、生命力にあふれ、美しいと思ったからとってみた。それでもこの程度なのである・・・。もっとアップのも撮っておけばよかったか。ちなみに撮影したのは5月21日(結婚10周年の日である!)。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
チチコグサたち。
ご結婚10周年、おめでとうございます。

この仲間。だいたい、写す気にならないこと多いですね。それでも、よく見れば、それなりによい瞬間があったりもします。典型的な姿をしていてくれるときは、すぐわかるのですが、妙な姿になっている個体に出会ってしまうと、ジロジロ見ないとどの種類だかすぐわからないこともあったりして、見たくないのに、じっくり見てしまったり。いろんな角度の写真撮ってしまったり。なんだかな~ですよ。
2005/05/26(木) 09:39:19 | URL | hanaboro #-[ 編集]
ボロボロ
普通に咲いていても、なんだかボロボロなんですもん。
うちのはす向かいのアスファルトの間から出ているチチコグサモドキ、はじめてみたとき、ハハコグサが咲き終わった後かと思っていました。

でも、ウラジロチチコグサって、けっこうな勢いで増えているんですよねぇ。なんだかなあ。
2005/05/26(木) 23:49:09 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析