庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
昨日の夜は雨が降っていなかったので見なかった。今朝見たら、アゲハの終令幼虫が3匹ともいない。昨日の昼間にハチか鳥にやられたか・・・。
2匹は丸々肥えてきて、まさに食べごろ。お肌のぴちぴちさから言って、蛹になるべく移動したとも考えられるが、三男はまだだろう。全部食われたと考えるのが一番自然である。心にぽっかり空白。


20050525105145s.jpgクロケシツブチョッキリをまたバラのところで見るようになった。「合体」中。全部で4匹写っている。このあと3Pになった。


カトレアクローバー、思ったよりも次々に花を咲かせている。園芸種とはいえ、さすがにマメ科。感心しながら眺めているとちょっとしたものを発見してしまった。あらら。あちこちの茎がこんもり土で覆われている。これはアリだ・・・。中にはアブラムシか・・・。昨日職場にデジカメを置いてきたのが悔やまれる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析