庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
キイロテントウのさなぎ他ヒマワリの葉は悲しいくらいにどんどんぼろくなっていく。ヒマワリの大きな葉にはいろいろな虫がつき、興味はつきない。
キイロテントウのさなぎ2つ久しぶりに見たヒマワリの葉には、キイロテントウのさなぎができていた。見たのははじめてである。
キイロテントウのさなぎよく葉を見ると、次から次へと見つかる。葉の表にも裏にもある。あまりこだわりはなさそうだ。
キイロテントウの羽化もしかして、あれは蛹ではなくて前蛹かもしれないと思いもしたが、羽化した直後のものも見つかり、あれが蛹であると確信できた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析