庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
キイロテントウの交尾前からいたのかもしれないが、ナミテントウの羽の色が黄色いタイプだろうくらいの認識しかなかったのであまり関心を払ってなかった。

昨日の朝に交尾しているのを見て、ナニ?ナミテントウではないのか?と初めて疑ったしだい。2匹とも黄色いナミテントウである確率は低いと思ったから。そのときもとりあえず撮っておこう位にしか思っていなかった。

キイロテントウという名前に記憶はあり、実際にgoogleでキイロテントウを検索すると、おなじみの幼虫図鑑のものがトップに出てきた。ここは前にも見たことがある。そうそう、キイロテントウはアブラムシではなくてうどん粉病をなす菌類を食べるのだった。やっぱり正義の味方!

ここに写っている葉はヒマワリのものだが、確かに少しカビが生えかかっているようにも見える。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ほほ~~
キイロテントウは初めて見ました,知りました。
菌類を食べるんですか。
うどんこ病などを退治してくれるなんていい虫ですね~~
なんとも愛らしい黄色ですこと。
(これが害虫だと憎らしく見えるんですけどね)
2006/07/16(日) 23:41:22 | URL | WAKA #RVp6i8PI[ 編集]
いいでしょう~
そういえば、バラのところにもいたって今思い出しましたよ。

全部ナミテントウだと思ってました(笑)。
ヒメカメノコテントウはすぐわかるけど。
2006/07/17(月) 09:40:48 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析