庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
庭の入り口のヒキガエル22時過ぎに庭を見に行ったら、案の定ヒキガエルがいた。あわせて3匹。この画像は7月2日の午前1時15分に撮ったものだが、今日も1匹はこの庭の入り口である同じ位置にいた。
落ち葉に似ている2匹のヒキガエルあとの2匹はこの写真とは違い離れたところにいた。2匹がこんな近くづくのははじめて見た。特に2匹が引き合ったというわけではなく、たまたまである。おそらく互いの存在にさえ気づいていないのではないかと思う。少なくとも見ていて、お互いに相手に気づいたり、意識したような雰囲気は感じなかった。

この画像はフラッシュ撮影だが、ヒキガエルが落ち葉によく似ているのがわかる。白っぽく写っているのは、カタバミの葉、それも枯れてきているもののはずである。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析