庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クシヒゲハバチの産卵?バラの新芽の茎のところでチュウレンジの産卵のような動作をしていたので思わず撮影。チュウレンジならばもう少し太い茎に産む。お腹も黒いし何だろうこのハバチはと考えていたら、そのうち飛び立ってしまったので産卵なのかどうかはよくわからない。チュウレンジの場合のように茎にくっきり産卵した跡の線も残らなかった。
クシヒゲハバチのメス触角がギザギザしていなかったので、クシヒゲハバチは真っ先に候補からはずしたが、念のため、以前撮った画像と記事を見てみたら、触角以外はそっくりだった。さらにその記事のリンク先を追っていくと、オスのひげがクシ状と書いてある。つまりメスは触角はギザギザしていないということで、これがメスであると判明。多分間違っていないだろう。するとやはり最初の画像は、産卵シーンであったと考えていいに違いない。ただし、場所が条件に合わなくて、産まなかった可能性もある。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。