庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
P5120027s.jpg5月12日10時45分の撮影。これより前に見たときは、穴の中にこれとは別の何かが見えた。これはナメクジであろう。

地面が湿ったことによって浮き出たが、マッチ棒のすぐ先やその右にあるもの。これはヒマワリの種である。3つ並んでいるうち特に真ん中のは菌類がびっしりついていて、まず発芽はしないだろう。
参考:はじめの巣穴


P5120034s.jpgその約100分後、12時26分。ダンゴムシが今まさに入らんとしていた。

次に見たときは、このダンゴムシはどこかに行ってしまっていた。穴の中に見えるのは、どうも別のダンゴムシのようだった。これはナメクジが見える前に見たものと同じである。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。