庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
この前見たコゲラのおかげでがぜん鳥に興味が。もう10年以上前からもっと鳥について、知りたいという以上に知らなければと思って、鳥のCD-ROMなども買ったがほとんど期待はずれ。鳥についての知識も興味もくすぶっていた。

昨日は休みだったので、喜び勇んでK林へ。すぐに聞きなれない鳴き声を耳にする。期待大。
ワカケホンセイインコのカップル?少し甘えたような感じの声もした。あれは親子か?そう思って、音源を探し、近づくと、なんと、インコ!カップル?日のあたる場所にいるわけではないので、画像は黒ずむ。ガンマ補正と彩度を変更。
ワカケホンセイインコいろいろな角度で何羽かの個体も撮ったが、これが一番まとも。家に帰って調べたら、これしかない。ワカケホンセイインコ(輪掛本青インコ)。テレビでもその昔、インコが繁殖しているというのをチラッと見たこともあるし、私自身見たのは二度目。はじめて見たのは電車男が生まれる前だと思う。すると9年以上前だが、記憶違いもありうるのでその前後だろう。その日、朝起きると、大家さんの屋根の上に「緑のオナガ!突然変異!?」と思ったのがそれ。丸っこい頭で、すぐにインコとわかったが、すぐに飛んで行ってしまった。それ以来である。
ワカケホンセイインコ 食事何を食べているかは、その食い散らかしを見てわかったが、それは次の記事で。こうやって食べている画像は、家に帰ってからわかった。なにしろ、デジカメの液晶上では、鳥は真っ黒にしか映っていないので。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析