庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
200504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200505
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
図書館の帰りに寄ったK林。オオアマナに止まったアブから始まり、ムラサキケマンやオオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ、私の撮影にちょこまかついてくるネコ、ナデシコ科の白い花(ハコベの仲間の分類、今のところ苦手)、ヘビイチゴ、うちの庭にも移植したコケ(キュウリグサつき)、ハネカクシの仲間、トウキョウヒメハンミョウ(多分)の幼虫と巣、大きめの土を巣から運び出すのに誰にも手伝ってもらえないアリ、なにかの小鳥などなどを撮って、いよいよ帰ろうとすると、変わった鳥の鳴き声?が聞こえる。

がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

音は低めである。カラスがあの大きさで、あの声の高さであることから判断して、それが鳥の鳴き声ならば、かなり大型になるはず。まだ木の葉も少なめだから、探して見えないはずはない。しかし、鳥というよりは、木が風でゆられて、強くきしんで出た音のようにも聞こえる。音の正体がわかってから気づいたが、前にもここで同じような音を聞いている。そのときは、一応見に行ったが、わからなかった。
キツツキしばらく、音のほうを探す。びっくりした。おどろいた。キツツキが木をつついている音だった!まさか家の近くでキツツキが見られるなんて、夢にも思わなかったよ!キツツキというのは山のほうに行かないと見られないものと思っていた。ひたすらシャッターを切る。木をつついている瞬間を撮りたい。
コゲラ全部で19枚撮ったが、どれもいまいちどころではない。一応、これでも10倍ズームだが。設定を変えようとしたら、飛んでいってしまった。実際に撮れたものは、木と鳥がほぼ真っ黒に写っているので、ガンマ補正で色をうすくした(ガンマ補正というのは何のためにあるのか未だによくわかっていないのだが)。この枯れ木はマメ科のニセアカシア(そう名札がついている)。そして、このキツツキはコゲラだと思う。都会の雑木林でも見られるとあったので、きっとそうだろう。尾羽も短いし。しかし、かなり肥えているように見える。

参考サイト:
1.キツツキ類
2.キツツキのなかま
3.キツツキの仲間
関連記事
コメント
この記事へのコメント
我が家にも
数年前,我が家にもキツツキがやってきて,TVのアンテナをコツコツとつついていました。
アンテナが壊れるんじゃないかとハラハラしましたがなんとか問題はなかったようで,2週間位日参していなくなりました。
また会いたいんですけどねー
2006/04/17(月) 21:25:55 | URL | WAKA #RVp6i8PI[ 編集]
あ、アンテナを
それは、それは。
やっぱりけっこう見かけるもんなんですね。
しかし、アンテナを突っつくとは、けっこう、アホかも。
2006/04/18(火) 01:53:56 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝、クミゴンが「あの鳥は何?」と聞くから私道挟んだ反対側のアパートと駐車場を隔てる塀の上を見てみたら、シジュウカラが2羽。この前見た雛がもう大きくなったのかも。一応写真も撮った。1羽は何かくわ...
2011/06/02(木) 01:28:37 | 庭の観察記録
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。