庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
雨上がりの庭は別の顔になる。
P5070013s.jpg昨日開いたタンポポの綿毛。茎がしなって地面にへばりつきそうになってしまった。いくつかの綿毛が、水の力でくっついている。
帰宅時(7日25時10分)に見たら、綿毛は復活して茎もぴんとまっすぐになっていた。ホッ。
P5070018s.jpgナガミヒナゲシのまだ早い果実。頭に帽子をかぶったように、半球状の水滴。この果実だけさらに右下にも滴をつけている。肉眼だともっとかわいらしく見えたのだが(ピント合わせにも苦労した)。
P5070019s.jpgオニタビラコのつぼみ。あちこちにまん丸の水滴。水の表面張力の強さがなせるわざ。水は身近だが、とても不思議な物質。(これについてはいつか必ずどこかで)
P5070022s.jpg私は、雨上がりの幻想的光景を撮っているつもりだった。腕がいい人ならもっとうまく撮れるだろうと思いながら・・・。そんな矢先、ぎょえ、とんでもないものを発見した。なんだかわかる?たぶんあれだ。去年の経験から。あっちかもしれないが。うれしくなってしまった。

P5070023s.jpg大きさが比較・イメージしやすいように、別の実験用に庭に置いてあるCD-ROMを隣にもってきて撮影。ちなみにこの物体、無臭。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析