庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
オオイヌノフグリとナナホシテントウオオイヌノフグリがいっぱい咲いていたところと同じ土地。撮った日も同じ3月12日(日)。古い、廃墟となった?アパートのまわり。前の写真を撮った後、いったん家に帰ってから女優を誘って「きれいな花がたくさん咲いているから見に行こう」ということでもう一度来たら、ナナホシテントウがいた。色のバランスがけっこう好きな1枚。さらに、オオイヌノフグリだけでなく、カラスノエンドウやアメリカフウロ、ホトケノザまで写っていてにぎやかなのも好き。
ナナホシテントウのまわりの世界もう少し引いて撮るとこんな感じ。スポークのさびた、おそらく捨てられたように置き去りになっている自転車の車輪も右端に。左の大きい葉っぱは何の草だろう。しかも虫食い。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。