庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ホトケノザの幼芽クワの根元付近ではじめて見るタイプの双葉発見。姿かたちや周りにある植物からして、ホトケノザに違いない。同定というより断定!
ホトケノザの双葉と本葉同じ1円玉の手前にも。葉のつき方がどちらもシソ科の特徴である十字対生になっている。まさか双葉と本葉でも十字にクロスするとは思ってもみなかった。
ホトケノザの幼芽 遠目からこのようにちょっと離れて見ると、まずわからない。

あれからレンゲソウはどうなっただろうかと地面をなめるように見回して、たまたま発見した。レンゲソウで目につくのは双葉ばかり。双葉から生長していないのではなくて、以前双葉だったものはすべて枯れてしまい、新しく発芽したものが現在目にしているものだと思う。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました
こんばんわぁ♪ カカオです。
難しいですが、ホトケノザの葉に
良く似ていますね^^
2006/02/12(日) 00:31:09 | URL | カカオ(ブログdeフォトコンテスト) #gcB6tUME[ 編集]
TB
カカオさん、たまにはあちらにではなくそちらにということで。
ホトケノザで検索したら、けっこう上位に出ていたもので。

これがホトケノザでなければ、訂正するまでです(笑)。
2006/02/12(日) 21:47:24 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。