庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
「また雪」のところで蛍光灯やらブラウン管のちらつきまで自分の興味が移っていったので、せっかくだから、パソコンのディスプレイをシャッター速度を変えて撮ってみた。
1/10001/1000
1/5001/500
1/2501/250
1/1251/125
1/801/80
1/601/60
1/501/50
1/251/25
1/101/10


関連記事
コメント
この記事へのコメント
今度は
カメラを盾に、もとい縦にしてみてください。
普通に横位置で撮ると、最近のデジカメの構造は知りませんが、モニターの走査線とシャッターの切れる方向が平行なら写真のようになります。

で、上から下に走るモニターの走査線に対して、カメラを縦にして横からシャッターを走らすと・・・。
2006/02/09(木) 21:29:20 | URL | どべ☆ #U6M1AWu2[ 編集]
たて
縦にして撮ってみましたが、別段変わりはないような気がします。
それとも何か見落としてますかね。
2006/02/09(木) 23:47:18 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
失礼しました。
私のコンパクトデジカメじゃだめだ、横位置でも変化ありません。

よってこの問題は保留です。あるいは誰かやってくれるとか(笑)。私もやりますが。

フィルムカメラじゃそれは簡単なんですよね。シャッターが上から下に走るタイプは、モニターの走査線は平行に入りますが、左から右に走るタイプのもあって、その場合はどうなるか予想はつきますよね。
モニターの走査線の上下移動に対して、高速シャッターの細いスリットで左右からスキャンするわけですから、その走査線が斜めに写るはずです。

もちろん、シャッターの形式にも色々ありますが、それだけをとっても、ものの形は真実に捉えられているわけではないんですね。
2006/02/10(金) 05:18:59 | URL | どべ☆ #U6M1AWu2[ 編集]
真実
>もちろん、シャッターの形式にも色々ありますが、それだけをとっても、ものの形は真実に捉えられているわけではないんですね。

そうそう、それなんですよね。けっして、真実、真理の全体像ではない。一部を切り取ったもの。その一部を全部と思うと(思わせると)時として大変なことに。

円錐は、真上から見れば円ですが、真横から見れば三角形です。円であり、三角形であり、円ではなく、三角形ではない。
2006/02/11(土) 02:16:49 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
話が哲学っぽくなって(笑)
あんたら、この写真のどこが面白くて何盛り上がってんの、と呆れられそう(^^;)

写真もものの反対側は決してないんですからねえ。結局は、意識でしょ。
また、写真を撮ったとき、実はこうだったんだ、というのを打ち消していくらでも違うことを述べることはできるし。

>モニターの走査線の上下移動に対して、高速シャッターの細いスリットで左右からスキャンするわけですから、

具体的に、どのようにものが変形するかについては、例えば走る馬(別に他の動物でも動体でも)を被写体に選んだとします。
シャッタースリットの走る方向が馬の進行方向と同じだと伸びます。(違うと縮む!)
2006/02/11(土) 22:13:10 | URL | どべ☆ #U6M1AWu2[ 編集]
哲学
いい加減、レスがしにくい(苦笑)。
2006/02/12(日) 21:42:07 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析