庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
P5020024ts.jpg家から1分半。住宅地を流れる川。向こう側が上流。
P5020026s.jpg何年も前から、なんだろうこの草はと思っていたが、先日、別のアブラナ科の植物を図鑑で探していたときに、偶然、おおこれだというのを見つけた。オランダガラシ。果実のでき方などいかにもアブラナ科。
「野菜のクレソンはこれである」という図鑑の記述をもとに「クレソンって知ってる?」久美ちゃんにたずねたら、「学研の科学の今月の付録だよ」と広夢が答えた。灯台下暗し!
P5020040s.jpg前から気になっている他の草がこの2つ。
中央のそれは、葉のつき方がほぼ十字対生で、まさかシソ科?と一瞬だけ疑ったが、家で大きな画像サイズで撮った写真を見てびっくり。これ、オオカワヂシャ?これまた灯台下暗し!?花の色がちょっと白っぽいが、まさか、絶滅の恐れのある在来種のカワヂシャじゃないよね?
そのオオカワヂシャ?をとりまく草がまたわからない。アリノトウグサ科のオオフサモかなぁ?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おうおう!
こんばんは。
すっごいですね。大繁殖。
まさに、緑の絨毯だぁ!

しかし、「学研の科学」の付録に
クレソンがついているなんて。。。
2005/05/05(木) 18:30:20 | URL | hanaboro #-[ 編集]
訂正
30分ほど前、クレソンとペパーミントの水栽培セットの種をまきました。
そのとき知りましたが、学研の科学ではなくて、チャレンジ3年生(進研ゼミ)でした!

学研の科学は、スズムシ観察セットでした。
2005/05/05(木) 22:56:44 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。