庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
上弦の月月齢8。上弦の月よりも満月へ向けてちょっと膨らみはじめ。

同じ半月でも、沈むときに弦が上にくるのが上弦の月、下に来るのが下弦の月。太陽・月・地球を結ぶ角度が直角になると半月になる。このとき、月のクレーターの影が長くできるので、クレーターの観察がし易い。

というわけで、待ちに待った上弦の月、天体望遠鏡でクレーターを見た。このデジカメで撮った画像に比べてはるかにくっきり。確かに日陰と日なたの境(月の昼と夜の境)の近くのクレーターは分かり易かった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。