庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コサギ女優をお寺に送る途中で。11月17日。
コサギ アップコサギのほかにダイサギ、チュウサギといて、大・中・小であわせて白鷺なんて、今日はじめて知ったわ。コサギは名前を知ったとき小鷺とピンと来たが、なぜかダイサギは大鷺とわからなかった。ダイサギとチュウサギが並んでいるのを図鑑で見てはじめて気づいた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
混沌さんこんにちわぁ。カカオです。
予告通りのコサギですね d_(>o< )
大中小の他にも「アマサギ」ってのがいるのですが、これは白鷺って呼ぶのかな???、良く分からないです( ̄▽ ̄;)
そう言えば「シラサギ」の他に「キツツキ」もいないと聞いた事がありますよ。「日本には」だったかな?

ブログ見て頂いてたんですね。ありがとうございます。
是非また投稿してやって下さい(⌒▽⌒ゞ
2005/12/10(土) 15:44:24 | URL | カカオ(Cacao) #gcB6tUME[ 編集]
キツツキ
これまた衝撃。キツツキ目キツツキ科はあるのに、「キツツキ」という種はいないんですね。少なくとも日本には。

キツツキなんていう名称は、翻訳というよりもいかにも日本古来からの呼び方のような感じがするので、・・・と思って調べたら、キツツキは英語でwoodpeckerで、思いっきり翻訳でした。

英語のページもチラッと見ましたが、キツツキは種類が多そうなので、単に「キツツキ」という鳥は世界にもいないかもしれませんね。

これをきっかけにいろいろ勉強になりました。ありがとうございます。
2005/12/11(日) 12:36:41 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
アマサギ
アマサギ≠アマチュアの詐欺
・・・

>大中小の他にも「アマサギ」ってのがいるのですが、これは白鷺って呼ぶのかな???、良く分からないです( ̄▽ ̄;)

今図書館から借りている学研の『知育ずかん とり』(絶版)にはこう書いてあります。
<blockquote><p>ダイサギ・チュウサギ・コサギのような全身白羽毛でおおわれているサギを、まとめてしらさぎといいます。</p></blockquote>
ダイサギ・チュウサギ・アマサギが同じページに並んで出ています。アマサギ、微妙ですねぇ。夏は「全身」は白ではありませんが、冬は白くなるみたいですね。以下のサイトでは、シラサギ類ではないという書き方ですね。いっしょにあるムービーが興味深いです。
http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/birds/card/0048.html
2005/12/11(日) 13:01:54 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。