庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ウラナミシジミ 翅の裏側10月20日の撮影。何度か登場もしているウラナミシジミ。シジミチョウというとヤマトシジミばかり庭で見ているので、他のを見るとうれしくて仕方がない。
ウラナミシジミ 翅の表側翅の表側は、裏側とはまったく違った模様。日光を反射するときれいな青紫が輝く。

ウラナミシジミの北上については、いつかまたどこかで。

ところで、この花はなんというのだろう。キク科であることは間違いないが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
クジャクソウでしょうか…。
おはようございます、混沌さん。

へぇ~、この蝶、ウラナミシジミって言うんだ。
…とかなんとか言ったって、見分け付かないんだけどさ。…

花は、この時期だから、白花のクジャクソウじゃないかしら?
紫とかピンクもあるけど、一番一般的な白い花。
たくさん咲いて華やかですよね。

そういえば、例のアゲハの蛹、緑の方は茶色くなっちゃいました。
たぶん成虫にはなれないでしょう。自然界は厳しいっす。
黒い方は黒いだけに、変化がわかりません。
大丈夫かな?ドキドキ。

あの後すぐにオナガを見かけました。渡ってくる季節だったみたい。
カラスよりは好きな声だと思いましたよ、私は。(^^)
2005/11/16(水) 09:48:05 | URL | はもよう #hv3mJpi2[ 編集]
スズメ目カラス科
この前書きそびれましたが、オナガはスズメ目カラス科なんですねえ。

花はクジャクソウですか。はもようさん、ありがとうございます。キク科は似たようなのが多くて、どれがどれだかって感じがすることが多いです。

今日はあれを撮った日以来、同じところに行ってきましたが、まだちょびっと花が咲いていて、あとはほとんど枯れていました。気温も低くなってきたし、とてもチョウやハチが集うという雰囲気ではなかったです。
2005/11/17(木) 15:45:29 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析