庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヒラタアブ成虫 ヘチマの雄花に気温低下にもかかわらず、まだヘチマは元気。昨日は起きたときは室温は20度。家に帰ったとき(25時半近く)はついに19度になっていた。今は20.5度。

ヘチマの花にはいろいろな虫がやってくる。だんだん動きが鈍くなってくるので、撮影が楽になってくる。ヒラタアブの成虫はなかなかうまく撮れない昆虫のひとつだったが、ついに撮れた。
ヒラタアブ少しずつカメラを近づけて、やった、こんなに近づけた!と思った瞬間、油断したのか左の小指に引っ掛けていたレンズのふたの紐を放してしまい、それがヘチマの雄花に当たって逃げられた。しかし、このとおりすぐ近くのヘチマの葉に止まった。やはり気温が低いのだ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。