庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ヤマゼリゲンノショウコ同様、電車男を連れて行ったイベント会場近く。車両基地の敷地に入る直前の場所。斜面となっているところ。斜面の上のほうは林となっている。本当にヤマゼリかどうかは自信なし。いろいろな写真を見てもセリとヤマゼリの区別がわしはつかん。山だったので、ヤマゼリでとおし!違っていたら指摘してください。

ヤマゼリの花ヤマゼリの花、アップ。おしべが長い!
ヤマゼリの花とアリ花がこれだけ小さいとアリは大切な花粉の運び屋ということに。しかし、蜜のありそうなところとおしべの葯はずいぶん離れたところにあるような。
ヤマゼリとアリ2ところで、めしべはいずこに?中心部に黄色いのが見える花もあるが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
セリ科~。。。
わたしもヤマゼリだと思いますよ!
セリ科の面々、図鑑めくっても結構、
どれも同じように見えて、ちょっと
とっつきにくいところがありますね~。

でも、まあ、セリは夏に咲きますし、
生えている場所も水田や湿地などの水辺です。
花を見た場合は花弁が縦に二つ折りになって、
蕾のときは外側にたたまれています。
それで、花が開いたときにもその名残りで
外に折れ気味になっていると思います。
先は内側に巻いた感じですけど。

秋咲くセリ科ってそんなにたくさんないような気もするので。
2005/10/20(木) 15:17:25 | URL | hanaboro #-[ 編集]
セリ
そうそ、セリは湿ったところですね、生えるの。

花が咲くのは夏というのも調べて知っていましたが、あまりあてになりませんからねえ、そういうの。環境はある程度あてになりますね。
2005/10/22(土) 02:52:27 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析