庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
キアシドクガ

夜の電車の中をひらひらと白く薄い蛾が舞う。女性客の二人組はいやな顔をして、飛ぶ先を注視している。俺はおそらく笑顔で、飛ぶ先を注視している。左の座席の島の方に飛んでいき、そして、つり革をつるす棒の上に止まった。夢中で立ったまま撮る。向かいの男性客二人は、変な顔でこちらを見ている。

家で調べたが、すぐにはわからない。しかし、4年近く前に買って、全然使っていなかった『昆虫探検図鑑1600 -写真検索マトリックス付-』であっさりわかる。 黄色い脚はチェックしていたのもよかった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析