庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

朝早く(5時半過ぎ)にコアシナガバチの巣をチェックするが、やはり巣に止まったまま。まだ肌寒い。一度私が寝た。

クシヒゲハバチのオス1 クシヒゲハバチのオス2 8時半ちょうどに見たときもまだ巣に止まっていたが、巣のあちこちをチェックしていた。いったんガラス戸を閉めてまた覗こうとしたとき、ガラスにハエのような小さな虫が止まっていた。なんだこりゃ?と思ってよく見たら、クシヒゲハバチのオスだった。ピントが向こうの庭に合ったり、ピントが合っても自分が動いてしまったり、ピントの合う範囲が狭かったりとけっこう撮るのに難儀した。結果的に不思議な1枚も撮れた。さらに大きく撮ろうとしたら、ぶれてしまった。

9時11分、まだ飛び立たないのだが、活発に動き始めた。9時35分、あれ、もしやと思って観察を続けていると、やはりである。9時50分に飛び立ったので、鬼のいぬ間に洗濯と巣を下から覗き込んだら、やはりである。産卵していた。しかも私が見たのは2個目の卵の産卵だった。1個目は一体いつ?今朝していたのか、それとも昨日すでにしていたのか。 もろもろの写真は以下に。 無為♪皆♪混沌の場H:【盗撮】彼女は声をあげることもなく、細い腰をふり、ケツを小刻みに震わせた。そして・・・ コアシナガバチの産卵動作 コアシナガバチの卵2つ

コアシナガバチ2日目の巣のようす22時35分 最後の1枚は22時35分撮影。2日目はここまで。卵を産んだ部屋が大きくなっている。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。