庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
春の大三角中心に 春の大三角 しし座 北斗七星 北斗七星に北極星にうしかい座にかんむり座に

1枚目:春の大三角&それをぶち壊す(?)火星。右のしし座もわかりやすい。上には北斗七星も写っている。左の明るい星は土星。
2枚目:春の大三角。赤いというかオレンジなのが火星。上の方に小さな点が密集しているのが、かみのけ座の散開星団Mel.111。
3枚目:しし座…のつもりだったのだが、よくよく今確認したら、2番目に明るい、そして春の大三角の一角であるデネボラが写ってねー!!よくあることだが、星が写りすぎていて、かえって星座がわかりにくい。しし座はこの画角だとギリギリ入らないのか…。
4枚目:北斗七星。微妙に34mm(35mm換算)で撮っていた。それにしても、星がよく写っている。
5枚目:北斗七星を中心に魚眼レンズで。右の方には夏の星座、こと座が写っている。北斗七星のひしゃくの柄の先には、もちろん、うしかい座のアルクトゥールス。デネボラと火星、かみのけ座の散開星団も写っている。

ちょうど3時ごろ、コタツで目覚める。仕事のことを10分くらい考えてから、風呂に入って、布団で寝ようかとパジャマとパンツを2階に取りに行くついでに屋上へ。天国への階段(屋上への階段をそう心の中で呼んでいる)を昇り、西向きの戸を開けて、やや振り返りつつ南の空を見上げると、え?ふたご座がなんでこの時間にこの位置に?と虚をつかれる。んーとその右側、ほぼ真南(より西寄りだった実は)にしし座だから、もちろんふたご座じゃない。春の星座だなあと思って1階に降りる。

国立天文台の「今日のほしぞら」で調べたら、なるほど、火星とスピカだった。ムラムラと、もとい、むくむくとやはり星座の写真が撮りたくなってきたので、E-M1と魚眼レンズとF2.8の標準レンズともちろん三脚を持って屋上へ。あれ、思ったより寒い。って1月末だから当たり前じゃないかと思い直しつつ、そう考えるとやはりかなり暖かい。ジャージしか着てないんだから。で、てな感じで撮りました。

星座や星団などは以下の本を参考にしています。

機材は以下です。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。