庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
チョウ日和だなあということで、出勤前の貴重な時間を使って、緑のじゅうたんまで写真を撮りに行く。撮れたのはすべてタテハチョウ科。10倍ズームで、これがこのサイズでは限界。

タテハチョウ科の蝶その1。ちょっとぼやけていて、わかりづらいですね。

タテハチョウ科の蝶2その2。これはツマグロヒョウモンのメス?

ツマグロヒョウモンのメス?その3。これもツマグロヒョウモンのメス?

ツマグロヒョウモンのオス?その4。ということは、これはツマグロヒョウモンのオス?ヒョウモンチョウであることは間違いなしでしょ。

タテハチョウ科の蝶3その5。これは微妙だなあ。

アカタテハ?その6。これはアカタテハじゃないかな。

ツマグロヒョウモンのメスその7。その2、その3と同じですね。ということは、ツマグロヒョウモンのメス?

相も変わらず、まったくわからないのは、このチョウが止まっている植物。この2週間だけでもいろいろな図鑑を見たが、いまだにわからず。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ヒメアカタテハもあり
一寸野虫さんにおたずねしたところ、その2とその5は、ヒメアカタテハではないかということでした。

せっかくいろいろ撮ったのに、ツマグロヒョウモンばかりでつまらないなあと思っていたので、ラッキー♪

一寸野虫さんのHPは、以下。
http://www.geocities.jp/issun_no_mushi/
2005/09/15(木) 02:15:56 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。