庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

朝、奇跡的に『あまちゃん』に間に合うように目覚める。今週は、月曜日が8時9分から、火曜日が8時12分からしか見ていなかった。弓木さんの天気予報の途中から見た。「今降っていないところもこれから降ってきます」

『あまちゃん』がおわり、『あさイチ』を少しだけ見て、そうだ、雨が降らないうちにヒマワリの写真を撮っておこうとカメラを持って玄関の外に出る。

アサガオ20130626 だいぶ伸びたヒマワリ20130626 一輪のアサガオが綺麗に咲いているのが目に飛び込んでくる。思わず撮影。それから、ずいぶん背が伸びたヒマワリ。雨で倒れて、ひん曲がっていたのがウソのよう。外から見るとすでに私の目の高さを超えた。背伸びをしないともうつぼみの育ち具合を確認できないまでになった。

サビキコリ ナシグンバイ? ヒマワリに近づくと、センチニクバエの仲間が葉の上で休んでいる。さらに向こうの葉に、なんと、コメツキムシ発見。なにしてるの?何枚も撮った。絞らないとなかなか全体にピントがあわない。標準レンズから久しぶりに3535マクロレンズにチェンジ。と、さらに、見慣れないグンバイ発見。ヒマワリの葉の上でよく見るアワダチソウグンバイではない。それだけはすぐ分かった。2枚撮ったが、1枚はいまいちで削除、もう一枚もいまいちだが。調べると、ナシグンバイが似ている感じか。コメツキの方は普通種サビキコリか。画像を確認すると、触角が見えないことに気づく。そこで、撮り直しへ。

ヒメカメノコテントウ 撮っている途中、向こうの葉の影にテントウムシ発見。やはり、久しぶりに見たヒメカメノコテントウ。葉をよけて撮ろうとしたら、動き始めた。そうだ、コイツはちょこまか動いて撮りづらいんだった。そのうち、風でサビキコリがアスファルトの上に落ちてしまった。こっちの方が撮りやすいので撮ってみたが、バックの色合いがあまりよくない。そのうち、ひっくり返して遊ぶことに。ぱちんと元に戻ろうとすることもあるが、普通に横から元に戻ることも何度かあって、意表を突かれた。こりゃ面白いと思って、動画に撮ろうとしたが、意外とこちらの思いどおりに動いてくれない。固まっている時間が長い。あきらめた。

ツマグロオオヨコバイ 最後に数日前からいるツマグロオオヨコバイを撮っておわり。普通種すぎて、見つけても何もうれしくないが、しかし、写真に撮るのはけっこう面白い。模様がけっこう複雑なんだな。よく作りこまれてるというか。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。