庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

ヒメアカボシテントウの成虫を見つけたのは3月21日。

ヒメアカボシテントウの幼虫を見つけたのは5月6日。

R5242178.jpg R5242180.jpgそして、5月24日にバラに巻きついているジャスミンの枯れ枝にヒメアカボシテントウの前蛹と蛹を見つけた。写真を撮っているうちに、枝がパキンと折れた(汗)。地べたに置くとカビでも生えそうな気がしたので、枝をアサガオの芽が出ているプランターに差しておいた。

S6014947.JPG S6014948.JPGそして、今日6月1日。見てみたら、こんな感じだった。下のは無事ハッチアウトしたのだろうか?真ん中のは、明らかに寄生されていて、それらがハッチアウトしたようだ。上のは、病気かなにかでもう死んでいる?今さらながら、なかなか成人式を迎えるのは難しいよう。庭の古いバラの茎のバラシロカイガラムシの勢力が一時に比べて劣ってきているとは思うが、やはり全滅とはいかないものなのだな。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。