庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

朝、屋上に出てZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを試撮り。ちょうどすぐそこにヒヨドリがいた。警戒心の強いヒヨドリだが、こちらには気づかず、2枚だけ撮れた。どうも幼鳥のようだ。それに、1枚目と2枚目を比較してわかったが、遠くを見ていたようだ。だから私に気づかなかったのだろう。若さゆえの経験値の低さという感じもするが。

出勤時は、ちょっと時間があったので回り道して駅まで行ってみた。それは大正解。いつも通らないところを通ったら、赤い葉っぱの木に青いのがやたら目立つ芋虫。スズメガの幼虫だと思って近づいたら、紅葉したハナミズキにオオミズアオの幼虫だった。それにしても目立ちすぎ。かばんに入れてあるEverio GZ-HM350-Sで撮っておいた。

撮った画像は混沌のアルバム 2011年11月4日にて。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析