庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

19時の閉館ギリギリ、いや、1分過ぎくらいに図書館到着。期限切れ図書の返却だけでなく、予約の本も特別対応で貸してもらった。

図書館帰りにK林に寄る。仕事帰りに急いでやってきたので、懐中電灯は持っていったが、デジカメは持っていかなかった。その分、記憶に焼き付けるようにがんばる。

K林に入ると、まず、アオマツムシの鳴き声。それから、エンマコオロギもあちこちから聞こえてきた。懐中電灯を上のほうに向けて照らすと、黒と茶色っぽい毛虫のようなものが見えた。よく見たらスズメバチだった。エゴノキの葉の裏だった。さらに近づいて見たら、真っ黒な胸にオレンジがかった縞のコガタスズメバチだった。巣に帰らないんだね。

地面を見たり、葉の裏を見たりしながら歩いた。いつの間にか、エンマコオロギの鳴き声があまりしなくなった。

ちょっと、書くための時間切れ。ああ、このまま、記憶も消えてしまうのか…。では、メモ風に。クリの木の根元の黄色いキノコには、大きなナメクジ(4~6cm級)が多数。クロゴキブリの幼虫もキノコを食べていた。キノコはすっかり老菌で同定は難しそう。近くにはきれいなゴミムシも歩いていた。写真に撮りたいところだった。後は、別の木でも、確かクリの木だったが、やはり大きなナメクジ多数。あなた方、いったい今までどちらにいらしたのでしょう。確かに雨が降ったが、昼間はむしろ乾燥していた。遅いお昼を食べに行ったときは、空がすっかり晴れ渡り、富士山が見えるのではないかと思って、職場近くのマンションの8階に行ってみたら、くっきりではなく、ぼんやりではあったが、富士山が見えた。こちらは、ビデオを持参していたので、証拠写真は撮った。おっと、メモのつづき。樹液ダラダラのコナラは、ほとんど樹液は出なくなっていた。気温も高いし、コクワガタも期待したがいなかった。小さなクロゴキブリの幼虫がいたくらい。それよりも恐れていたことが現実になりつつある。南のほうに突き出た枝のほうは、ほとんど枯れ始めている。やはり病的に樹液を出しすぎなのだろう。素人目で見て、半身不随くらいだ。来年が怖い。

それにしても、日中は半袖でちょうどよかった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。