庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

日付上は今日だが、実質、昨日の深夜。ヒキガエルいないかなあと庭を探検するが、いない。代わりにというわけでもないが、黒い毛虫があちこちに。草のようで木だという下草のような何とかという植物の葉を食っている。全部で5匹。アカハラゴマダラヒトリかキハラゴマダラヒトリの幼虫。幼虫のままで区別はできないものなのか。

サンショウのほうを照らすと、赤く熟した実が割れて、黒いものが姿をのぞかせていた。黒光りしており、甲虫の背中のようだ。

一転、地面のゼニゴケのほうを照らすと、小さいハサミムシがいた。まだ幼虫なのか、あれで成虫なのかはよくわからない。2匹いた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。