庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

時計もしないでいたのだが、レシートの時間から逆算すると、大体1時50分ごろだった。塀の上を歩いているネコに違和感を感じながらもずうっと見ていると、尻尾が長い。こんな尻尾の長いネコ、この辺で見たことないと思っていたら、こっちを見た。目があった。顔には白いセンターライン。間違いない、ハクビシンだ!

まさか、うちの近くにいるなんて。前に見たタヌキは、実はハクビシンだったのかと疑ってみる。いや、それはない。しかし、今年の春にうちの庭に来て、リンゴを食ったやつはタヌキではなく、ハクビシンかもしれない。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。