庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

15日以来の休み。午前中は曇りというよりも雨が降ったりやんだりで外出には不向きで、家にいた。13時過ぎからお出かけ。本当は晴れ始めたところから出かけたいところだが、ちょうどお昼だったので、こんなところか。

A川沿いからのフルコース。ちょうど家の近くの橋のところで雑草刈り。外来植物も在来植物も容赦なく、都市河川の真ん中を開ける作業。毎年やっていることだが、なんだかなあ。こりゃだめだと言うことで、ひたすら上流へ。川なりに行くのをやめようと思っていたのだが、無意識でからだがそちらに(笑)。いったん川から離れたところで、おしゃれなおうちの窓にアシナガバチの巣を発見。何枚も撮ったが通行人もちょくちょくあり、かなりの不審者だった(汗)。

A川最上流付近に近づくと、黄色っぽいのと白っぽいのがいちゃつくナミアゲハ。それを見ていたら、おっと、アサギマダラ発見。8月に見たのは多分初めて。しかし、急激に気温も下がったし、他に目撃情報もあったし、見られるのではないかと実は思っていた。そのアサギマダラの前、カワセミがつーっと無音で上流のほうに飛んでいった。このあと少しはカワセミを探したが、見つからなかった。

最上流の東側は畑。サツマイモ畑には、なんだっけあの幼虫、そうそう、ナカジロシタバの幼虫がたくさんいた。あと白いトリバガがいた。

B公園に行く途中の雑木林に立ち寄るも収穫なし。B公園ではまずはスズメバチスポット。今ではもうあまりスズメバチは見なくなったが。今日もまたすさまじい数のサトキマダラヒカゲが樹液の出るところに密集していた。ルリタテハも2頭。と、そこへスズメバチが割り込んできた。オオスズメバチ。でもちっちゃい。春先に女王蜂を見慣れすぎた。そのあとコガタスズメバチも来たが、いよいよ小さい。大きめのアシナガバチのほうがよほど大きい。

チャタテムシの幼虫? 自転車置き場へと先に進むと、かすかにヒグラシの鳴き声が聞こえてきた。時計を見る。14時17分。真昼間だけど、焦っているのか。今日もまたツミを狙っているカメラマン多数。近くに異質な人たちが3,4人でいると思ったら、こちらは虫屋だった。何か木に密着して撮っているので、気になって近づいて話しかけた。「何撮ってるんですか」「これ」「なんですか?」「それは後で調べるんだよ」私も撮ったが、カメムシの幼虫だろうか。微妙に違う感じだ。ということは、何ヶ月か前の幼虫図鑑でのやり取りの経験からチャタテムシの幼虫かな。

夕方の樹液酒場 B公園をぐるっとちょいちょいと回って、最後に撮った写真が最初に見たのと同じコナラの木。16:50。結局、B公園だけで2時間半もいたのかと。軽く回ったつもりだったが。セミは、この近辺で普通に見られるのがすべていた。午前中に行けば、クマゼミもいたのかもしれないが。ヒグラシは針葉樹の多い入り口付近で結局昼下がりに大合唱。写真も撮れた。ツクツクボウシにミンミンゼミどちらも撮った。アブラゼミだけは撮らなかった。いや、死体にアリが群がっているのはそういえば撮っていた。また、ニイニイゼミだけはいないなあと思っていた矢先、鳴き声は聞こえてきた。ただし、これだけは姿を確認していない。もう帰るところだったので、少し頭痛もしていたし、探そうともしなかった。

トンボは、タイワンウチワヤンマが見られればと思ったが、見られたのは普通のウチワヤンマだけだった。他にモノサシトンボ、アオモンイトトンボかアジアイトトンボ(おそらく後者)、毎度のコシアキトンボ。一瞬だけチョウトンボ。ギンヤンマの尾つながりから産卵はばっちり(写真はいまいち)。オオシオカラトンボの合体(写真もばっちり)。赤トンボの類は、そういえば見なかったかな。ショウジョウトンボらしき真っ赤なのは見た。

チョウは、大型のアゲハに期待したのだが、ほとんど目撃もせず。クロアゲハらしきものがチラッと通っただけ。前にジャコウアゲハの幼虫がいたところ、食草そのものがなくなっていた。クサギの花にも期待したが、もうほとんど終わりに近づいており、とっくに咲き終わっているところは実ができ始めていた。ノカンゾウも咲いていたのだが、ナガサキアゲハもなんも来なかった。そんなに待っていたわけではないけど。羽化したばかりではないかと思われるコミスジがいた。2本クヌギのところには、今日もゴマダラチョウとアカボシゴマダラがいた。ガもいろいろ見たが、どれも同定するガッツがない。

キノコもいっぱい生えてた。

どのタイミングもセミの鳴き声がすごく、もちろんいつもどおりカラスも鳴いていたが、カメラのピントがあったときのピピッという音がほとんど聞こえなかった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。