庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

今日も天気予報どおり、雨が降ったりやんだり。仕事帰りのつい先ほど(といっても30分くらい前か)、向こうから大型の昆虫が飛んできた。時期的にもセミ?と思った。アブラゼミ?翅は茶色っぽかった。しかし、セミならば、もっと羽音がする。無音で目の前に近づいてきて、右手のいろいろな植物が植えてある大きな庭のある家の敷地に消えていった。最初よりもよく見えた翅は、うすい茶色でずいぶん横長に見えた。向かって右に横切っていったとき、胴体よりも翅のほうが長い印象を受けた。多分スズメガだろう。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。