庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

なんと、6月15日以来の休み。休みがないことで仕事がはかどったかというと、非常に怪しい。さて、昼間はB公園へ。トンボ天国になっていた。チョウトンボも今年初めて見た。相変わらず、この場所では距離があり、あまりいい写真は撮れない。印象としてはトンボ天国なのだが、その割にはトンボの写真は多くない。

きらりと青緑に光って、明らかにモノサシトンボではなかったイトトンボ。いったん見失う。同一個体かどうかわからないが、もう一度見つける。神経質に何度か止まる場所を変えたが、何枚か撮れた。オオアオイトトンボか。今年見たのはこちらも初めて。時間の順序としては、チョウトンボよりも先に見ている。

チョウトンボを見たところでは、コフキトンボのオビ型もいた。もちろん、ギンヤンマも。ギンヤンマを今年初めて見たのはいつだろう。実は今日なのかもしれない。ギンヤンマの飛翔写真ははなからあきらめている。ただ、双眼鏡はもって来るべきだったと後悔した。ひょっとして、アオヤンマもいたのではないかと疑っている。

夜、テレビを見ている子供たちを置き去りにした状態でK林に行く。今年初のクルマスズメ。残念ながらピントが合わず、1枚だけ撮って飛んでいってしまった。今年初のキマワリも見た。キマワリは、クワガタだと思って胸をときめかせた次の瞬間にがっくり来ることが多いが、今年初となるとちょっと印象が違う。

ナガゴマフカミキリはコナラの木をぐるぐる回っている。撮りづらいからもう少し止まってほしいところだ。カナブンはたくさんいた。

いつものコナラ以外もと少し歩いたが、地面にはシデムシのつぶれた死体。そのすぐ近くに生きているもの。さらに別のカップルも。これはオオヒラタシデムシでいいのかな。

すべての画像は混沌のアルバム2011年7月6日に。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。