庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

そろそろK林もコクワガタがいていいじゃねぇと思って出撃するもかわいいモリチャバネゴキブリばかり。カサカサ足元で音がするからすかさず懐中電灯を照らしたら、オサムシだった。てっきりコクワガタかと思って期待しちゃったよ。ちょっと癪なので、それに元気なのでB公園にも行くことにする。

スズメバチスポットから行くも不発。自転車を置いて、すぐ近くの二股に分かれたコナラの木からチェックすると、いきなりいた。しかも、けっこう大きいコクワガタ。以前もこの木ではひょっこり見つかった。懐中電灯を当てなおして、撮影準備に入ったら、こいつ、でかい図体の割に臆病で、すぐ落下。仕方ないから地面に落ちたところと手に持ったところを撮影。かなり不本意。撮影終了後、元の位置に戻しておく。今度は落下しなかった。たまにそれでも落下して面倒なやつもいたりするからよかった。

幸先いいスタートに気をよくするもクワガタはそれが最初で最後だった。ユウマダラエダシャクの仲間とヒゲコメツキのオスが見られたのでよしとする。それに、なんといっても夜に見たコクワガタは今シーズン初だ。

すべての画像は混沌のアルバム2011年6月8日で。不明な蛾も少々あり。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析