庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

3日連続コタツで寝てしまった!電車男の運動会の日なので有給休暇をとったが、こりゃ雨音からして中止だろう。和室の障子を開けると、やっぱり降っている。と、変なものが目についた。カタツムリ?大きなカタツムリが駐車スペースをうんと体を伸ばして歩いている。ナメクジではない。殻がついている。こんな大きいのはうちではめずらしい。記念撮影をしておいた。

その数十分後にもう一度見たら、もう場所がわからなくなっていた。さらにはじめに見てから約50分後、駐車スペースに出て植木鉢などについていないか見に行ったら、なんと、うちの前の私道を横断中だった。車などにひかれなければよいが。そのことをクミゴンに話すと、安全なところに寄せてあげなさいよとめずらしく?優しいことをいう。私は何も干渉したくなかったので、ほうっておくことにした。

画像は、混沌のアルバム2011年5月28日を。結局、これがこの日、唯二無三の外出だった。え?なぜ唯一ではないかって?一度は傘だけを差して、二度目は傘とカメラを持って出たからさ。

この大きなカタツムリ、この前買った『昆虫観察図鑑―フィールドで役立つ1103種の生態写真』で調べたら、ミスジマイマイがちょうど当てはまりそうだ。B公園などでもたまに見る大きなカタツムリは、きっとこのミスジマイマイなんだなあ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。